料理


  • シュークルート
  • ブロッコリーのソテー
  • にんじんのポタージュ
  • パンプキンマフィン

シュークルートとは発酵させたキャベツのことでフランス北東部にあるアルザスの伝統料理です。豚の塊肉やソーセージ等の肉や根菜と一緒に煮込む料理が一般的でキャベツの酸味と肉の旨味が混ざり合って深い味わいが楽しめます。今回は発酵の時間をかけずに手軽に作ってみましょう。

 

ブロッコリーのソテーは茹でたり蒸したりするのとは違う歯ごたえと風味が楽しめます。にんじんの甘さたっぷりのポタージュはシュークルートとの相性がばっちり。デザートのパンプキンマフィンと合わせて緑黄色野菜豊かな秋の食卓です。


ブレッド


  • 2種のナッツの塩カンパーニュ

 

カンパーニュはフランス語で「田舎風」という意味のごろんとした大きくまるい形をしたパンのことです。やや詰まった生地で薄くスライスしてサンドイッチにしたり、食事のお供としてよく合います。今回は2種類のナッツを混ぜ込み、岩塩をきかせて焼き上げますのでナッツの風味と食感、塩味のアクセントが楽しめます。 具材の混ぜ込み方、発酵かごを使った成形の仕方をお教えします。


製菓


  • 抹茶のもっちりフィナンシェ

 

フィナンシェはフランス語でお金持ちを意味する焼き菓子で形が金塊に似ていることからこのように呼ばれることになったと言われています。 焦がしバターを使うのが特徴で、たっぷりと使うアーモンドパウダーの香りとともに風味豊かなお菓子です。このフランス生まれのお菓子に抹茶を加えて和の風味と抹茶特有のほんのりとした苦みをプラス。トッピングにホワイトチョコレートとくるみを飾ります。